高津クリニック(こうづクリニック)麻布十番の内科・産業医 診療内容のページー訪問診療や予防接種もー

内科・訪問診療 各種保険取扱

  • Switch to English version
  • 日本語版で表示中

花粉症

花粉症の季節の暮らし方とお薬について
毎年のことですが、花粉症の季節がやってきました。
毎日の暮らし方とお薬で嫌な季節を乗り切りましょう。
●原因物質=花粉を体内に入れない工夫を。
外出時のマスクとメガネは思った以上に有効です。
かなり小さなものまでブロックできるフィルター(HEPAフィルター)つきのマスクや花粉症対策メガネであれば更に効果的。
つるつるした素材の上着で、お家に花粉を持ち込まないことも有効です。同じ理由で、ご自宅では(可能であれば!!)空気清浄機で花粉除去を。

●『来たかも!』と思ったら治療をお始め下さい
花粉は思いのほか早くから飛散し始め、体内でアレルギー反応が小さな種火の様にくすぶり始めます。
燃え上がってしまう前(症状がピークに達する前)にお薬を始めると、症状も軽く済むようです。

●市販薬も有効です
多くの市販薬が販売されていますが、それぞれに有効と聞いています。処方箋薬は眠気や口の渇きなどの副作用を軽減する工夫を重ねて開発されましたが、市販薬はそれらの症状が少し強い傾向にあるようです。

●処方箋薬=ご自身にぴったりのお薬を
花粉症の処方箋薬には内服薬・点眼薬・点鼻薬があり、症状や重症度に合わせて種々組み合わせます。症状も重症度も花粉飛散量で変化します。シーズンによって違いますし、同じシーズン内でも変化するようです。都度診察を受け、主治医と一緒にぴったりのお薬を見つけて下さい。

●ちょっと注意
鼻づまりの点鼻薬は粘膜への血流を低下させて効果を発揮します。長期間にわたり使用すると、リバウンドで症状が悪化することがありますのでご注意ください。

●薬でだめなとき
薬では症状が治まらない重症の方には、レーザー治療や舌下免疫法などの治療法も試されます。

●何のアレルギー?
血液検査で何に対するアレルギー反応物質(特異的IgE)を持っているかを調べることができます。
花粉症なのかどうかはっきり知りたい、どのシーズンに注意が必要なのか知りたい、時などに調べます。

お気軽にご相談ください。