麻布十番の内科・産業医/高津クリニック(こうづクリニック)

内科・訪問診療  各種保険取扱

  • Switch to English version
  • 日本語版で表示中

高津クリニック

アクセスへ
メニューを開く

二十四節気と健やかな暮らし

立春
梅の花が咲き始め春の兆しが見られる頃

東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)2/4~2/8頃
春風が氷を解かし始める

黄鶯睍睆く(うぐいすなく)2/9~2/13頃
鶯が鳴き始める

魚氷に上がる(うおこおりにあがる)2/14~2/18頃
春の暖かさで氷が割れ、魚の姿が見え始める

立春は旧暦の春の始まりであり、一年の始まり。八十八夜、入梅、二百十日、季節の節目も立春を基点に数えられます。厳しい冬が少しずつほころんでいく頃です。ただ、まだまだ寒さは厳しく、ウイルス性胃腸炎、特にノロウイルス胃腸炎が多い季節でもあります。

ノロウイルス胃腸炎は一年を通してありますが、特に冬場に多くなります。ウイルスに汚染されていた二枚貝を十分に加熱しないで食べた、手にウイルスが付いて(患者の便や吐物を処理した、ウイルスが付いたドアノブなどを触ったなど)それが口に入った、ウイルスが付いた手で調理されたものを食べた、乾燥した吐物や便から舞い上がったウイルスを吸い込んだ、などで感染します。

感染後1-2日の潜伏期間を経て、発熱・嘔吐・腹痛・下痢などの症状が出ます。ノロウイルスをやっつける薬はありませんが、体力が保たれていれば2-3日の経過で治癒していきます。

吐き気下痢が続く間は、体力を落とさないように、脱水にならないように食事や水分摂取を工夫します。
おかゆやうどんなど、よく火が通った消化のよいものを召し上がって下さい。油もの、刺激物(香辛料)、大量の生野菜は炎症を起こしている胃腸には負担となります。体調が良くなるまでは控えめにしてください。嘔吐や下痢で体内のミネラルを失いますので、イオン飲料や経口補水液なども取り入れて下さい。

一度にたくさん飲んだり食べたりすると、吐き気や下痢を悪化させることがありますので、少量を何度も摂るようにして下さい。小さなお子さんにはスプーンで少しずつ飲ませてあげるような工夫を。身体を冷やさないようにして、充分に睡眠をとって。栄養と休養が大切、とお考え下さい。

症状が強く飲んだり食べたり出来ないとき、高齢の方や乳幼児で症状が重くなってきたときは注意が必要です。
ぐったりしている、反応が鈍い、目が落ち窪んできた、呼吸が荒い、皮膚をつまんでも戻らない、手足が冷たい、緑色の嘔吐・血が混じった嘔吐、生後2ヵ月未満、生後3ヶ月未満で38度以上の発熱、嘔吐がとまらない、血便、などは急がなくてはいけません。大きな病院を受診されることをお勧めします。


感染の予防

ノロウイルスにはワクチンがありません。体力を落とさない工夫が大切です。また、二枚貝を調理する際には中まで充分に加熱することが大切です。中心部が85~90℃で少なくとも90秒間の加熱、が目安とされています。
吐物・便には大量にウイルスが含まれており感染源になりますので、処理には十分な注意が必要です。

処理の手順

・清掃者が感染しないようにマスク・手袋を着用して下さい。使い捨てのガウンを着ると更に安全ですが、無い場合は、処理の後に洋服を着替えるなどの工夫を。

・まず汚物をある程度ふき取ります。汚染を拡大させいないよう外側から内側に向かってふき取ります。

・汚染場所を消毒します。吐物は飛び散ることがあり、トイレも水で流すときにウイルスが舞い上がることがありますので、広範囲に消毒してください。
効果が高い消毒薬は次亜塩素酸ナトリウムですが、木製のもの、紙、有機物(吐物・便)に触れると大幅に効果が減弱しますので、木製の手すり・床・いすなどには不向きです。ペーパータオルではなくレーヨンや綿に含ませて使います。また、金属を腐食させる・絨毯など色柄物を脱色させるなどの難点もあります。
このような次亜塩素酸が使いづらい場所はアルコール消毒をします。アルコールはノロウイルスにはやや効きにくいのですが効果が無いわけではありません。消毒用エタノールを含ませたペーパータオルで清拭し、15秒おいて二度拭きすると良いでしょう。

・最後に手を充分に洗い、出来れば速乾性手指アルコール消毒液で30秒、手を消毒して下さい。

※次亜塩素酸ナトリウム・消毒用エタノールは揮発しやすく、大量に吸い込むと健康被害の恐れがあります。引火性もありますので、使用中は換気に注意し、室内全体への散布はしないようにしてください。
▲ページトップに戻る
  • 立春
  • 雨水
  • 啓蟄
  • 春分
  • 清明
  • 穀雨
  • 立夏
  • 小満
  • 芒種
  • 夏至
  • 小暑
  • 処暑
  • 白露
  • 秋分
  • 寒露
  • 霜降
  • 立冬
  • 小雪
  • 大雪
  • 冬至
  • 小寒
  • 大寒

Copyright All Rights Reserved. KOZU CLINIC.